ある日の結婚式で ~撮影現場にて~

ある日、撮影を担当した結婚式にて。

いつも通りにお父さんとチャペルに入場する新婦さん。

いつも通りにお母さんにベールダウンをしてもらう新婦さん。

いつも通りにお父さんから新郎さんに引き継がれ、いつも通りに滞りなく挙式は終わりました。

ただ、ご新郎さんのお母様の姿はありませんでした。

披露宴前に担当プランナーさんから聞いたところ、ご新郎さんのお母さん、すでに他界されていているとのこと。

また、ご新婦さんの両親は仲良く並んで座っていましたが、離婚されているとのこと。

披露宴の終盤に新婦さんからのお手紙。

「離れて暮らすことになったけど、もしかしたら3人そろうのは今日が最後かもしれないけど、私はいつまでもお父さんとお母さんの子供です。」

家族への気持ちを、震える声で手紙を読む新婦さん。

おひらきのあと、いつも通り新郎新婦と両親のショットを撮影。

その後に新郎さんとお父さん、新婦さんとご両親、新婦さんとお父さん、新婦さんとお母さん、いろいろなバリエーションでも撮影を。

「写真の中ではずっと一緒です」の思いを込めて。

帰り道、「新郎さんのお父さんの横、もう一人分スペース空けて撮ればよかった」とちょっぴり反省。

コメントを残す